わが家が【めざましテレビ】で紹介されました! 詳細➡

ブログ備忘録 ーはじめ方・書き方ー

ブログで稼ぐ

私自身の備忘録として、本ブログのはじめ方・書き方等についてまとめます。

随時更新していきます。

基本的に自分のためのメモですが、同じ境遇の方の悩み脱出速度が少しでも早まるかもと思い公開します

はじめ方

私の場合は手探りで片っ端からググりながら始めました。ブロガーデビューの方法は以下にまとめています。

が、これより100倍詳しくまとめられているプロブロガーの方の存在にこのあとしばらくしてから気づきます。これです。

ですので、「ブログの始め方」について丁寧な記事を書くことはきっとありません。

もっとやらなければならないことがあるはず

とは言え、私目線で気づいた始めるときに要チェックなポイント(=後から変更しにくい点)は挙げておきます。

  • ドメイン名とブログ名は一致させるのが難しい
    • ブログ名途中で変えたくなること間違いなし(当ブログも途中で変更)
  • だから初めから開き直って、シンプルで短くシュッとしたドメイン名にしておく

スタートに必要な費用は約4000円

項目選定先費用
独自ドメイン取得お名前.com 755円(1年間)
サーバーレンタルロリポップ 3,240円(6か月間)
WordPressテーマcocoon 0円(無料テーマ)

サーバーは引っ越しできます

6ヶ月契約が切れたタイミングでサーバーを引っ越しました。

理由は、本ブログもアクセス数が増えてきて、サイト表示速度とか気になりだしたためです。

高速化に定評のあるサーバーに変えました。

こちらは3年契約で月額480円。速いのに安い。

引っ越し自体に基本的に費用はかかりません。(代行業者にお願いした場合や有料プラグインを使った場合は別)

年間維持費

維持のために必要なのは以下2つの経費でして、年額にすると以下の通りです。

  • ドメイン更新費(1年に1回):1,280円
  • レンタルサーバー代:5,760円

合計で年額7,040円です。月額にすると約600円。

一方のブログ収益は、例えば2019年8月の実績で約1万円/月なので、十分ペイしていますし、無視できるほどに小さいと言えます。

広告の入れ方

私が採用している広告は大きく分けて以下の2つ。

  • Google AdSense
  • アフィリエイト

AdSense

Googleさんが自動的に入れる広告を表示させ、見ている方がその広告をクリックした時に報酬が発生する仕組みです。

申請

AdSenseチャレンジの記録です。

  • 3回目の申請で合格
  • 合格時の記事数は約10本
  • 3回目で変えたところ
    • Twitter発信により流入を少し稼いだ(1回目はゼロ)
    • タイトルが似ていた記事の統合
      • 「〇〇-△△編-」という風に分けていた記事をまとめた

私の場合は、最後の「記事統合」がポイントだったと思います。

同じブログ内にほぼ同じキーワードタイトルがあると、Google神からは「同じような記事がある=コピペのような低質な記事」と見なされる可能性があるらしい。
記事数を増やすことに注力したあまり、低質と見られうる構成になっていました。
対策は、私のように統合してしまうか、タイトルを全然違う風に変えるかの2つかと思います。
ちなみに、この情報はTwitter(エミ@Emi_wd)から得ました。
Twitterには先駆者がたくさんいて色々情報共有してくれてるので助かります。

彼らもそれが収益になっていることは今ならよくわかる

アフィリエイト

特定の商品・サービスを紹介して、それが売れた時等に「照会料」がもらえるという仕組みです。

ASPの登録

アフィリエイトを始めるにはASPというサービスプロバイダへの登録が必要です。

本ブログでは以下のASPに登録済みです。

  • A8.net
    • 案件が多いので、まずはA8で調べるというのが基本動作
  • もしもアフィリエイト
    • 楽天物販はもしも経由
    • Amazonは最近できなくなったので経由解除済み
  • バリューコマース
    • Yahoo!ショッピングで利用
  • afb
    • 高額な「本人OK」が多い印象
    • 自動車保険の一括見積(インズウェブ)を取るならafbがベスト
  • Amazonアソシエイト
    • Amazon商品を売るために登録必須
    • 新しいアカウントで申請するのはハードル高い(購入履歴がないと怪しいアカウントと思われるみたい)
  • アクセストレード
    • クレジットカード系の商材が多いため登録
    • 本人OKも多い印象

ブログの書き方

書くことが決まってからの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 書きたいこと(主張)や連想することをメモに書き出す(10〜20個)
  2. 構成を作る(h2+h3レベル)
  3. 記事を書く
  4. アイキャッチ画像、挿入画像を作って入れる
  5. 商品リンクを作って入れる
  6. 内部リンクを入れる
  7. 一晩寝かせて校閲し、投稿
  8. Googleさんに投稿のお知らせを出す(サチコ)

記事を書くテクニック

正直、文章を書くのは下手くそなので偉そうに言えることはありません。

それでも、毎日記事を読みに来てくれる人がそれなりの数いらっしゃるので、勉強の成果はあるようにも思っています。

ということで、私が実践している「読みやすい記事を書く力を上げる方法」をメモしておきます。

  1. ひたすら記事を書く
  2. 勉強する

1は、トレーニングです。「人の行動を促す文章」とは何かを常に考えながら力をつけるのが、最も近道だと思います。

2は座学です。思えば学校で文章の書き方を教わったことがありません。

目からウロコのテクニックが載っているこの本だけ読めば、あとはトレーニングで良いと思います。

画像

アイキャッチ画像、挿入画像の作り方・入れ方についてです。

画像編集ソフト

PhotoScape Xがめちゃくちゃ使いやすいです。無料版でも機能十分。

アイキャッチ画像サイズ・形

2019.5.31から、1200×630にします。理由は以下の通り。

  • 横長の方が邪魔になりにくい(縦に大きいと画面いっぱい画像になってしまう)
  • Facebook推奨のサイズ
  • Twitterは横1024px × 縦512px(PC版)で、Facebookとあまり変わらない

画像サイズ・形状の編集はPhotoScape Xにより行った上で、WordPressにアップします。

挿入画像サイズ

極力、1200×630にします。

ただ画像によっては縦長にしないと重要な部分が削れてしまったりするので、臨機応変に変更します。

ファイルサイズが大きすぎるとページの読み込み速度が下がるので、上限300KBくらい。

Exif情報の削除

個人情報保護が叫ばれる今の時代、自衛手段として念のためやっておきます。

写真に付加されているGPS情報から家を特定されるとか、恐ろしいですよね(^-^;

<2019年8月追記>

ページ読み込みスピード改善のために、画像サイズを圧縮するプラグイン「EWWW Image Optimizer」を採用しました。(後述)

このプラグインの機能に「メタデータの削除」がありますので、上述の手作業は不要となりました。

楽チンになりました

Googleさんへの報告

記事を書いた後、すぐにGoogle検索に引っかかるようにするには、Google神にご報告申し上げる必要があります。

手順は簡単です。

  1. Google Search Console(略して”サチコ”)にログイン
  2. 上の方にあるURL入れれるところに記事URLを入れる
  3. 「公開URLをテスト」を押す(1〜2分かかることがあります)
  4. 「インデックス登録をリクエスト」を押す

記事を更新した場合も同じで、3は不要です。

WordPressの一般的なテクニック

私はCocoonという無料テーマを使用しており、そのテーマ固有のカスタム・テクニックについては後述しますが、ここではテーマに依らないWordPress共通のテクニックを残します。

なお、私のちょっとしたこだわりで「プラグインを極力入れない」という方針があります。これはサイトの表示速度を極力下げないためです。

便利なショートカットキー

いきなり地味なテクニックですが、超便利です。

WPで使える便利なショートカットキー
  • 改行:「shift + Enter」
  • 太字(Bold):「Ctrl + B」
  • 斜字(Italic):「Ctrl + I」
  • リンク挿入:「Ctrl + K」 ←なぜにK…

特に改行はボックス内で必須ですので要チェックです!

ボックスとはこうゆうやつ。ここで改行(Enterキー)を押すと
こんにちは、ここに来てしまいます。
でも改行したい。いろいろ試しました。
Alt + Enter(Excel方式)

→ダメです。

Shift + Enter
→行けました!

テーブル(表)の入れ方

標準エディタの機能(Gutenberg)で表を入れようとすると、見出しが入れられません。

イマイチ

そこで、以下の方法が便利で一番楽なので採用しています。

  1. Excelで表を作る(私はonedrive上で無料のやつを利用)
  2. このサイトに貼り付けて見出し種類を選択し、HTMLコードに変換
  3. 「クラシック」のHTML挿入にコピペ
 
GOOD

Cocoonカスタム

本ブログは無料テーマ”Cocoon”を使用しています。

こんな素晴らしいテーマを無料で提供し、機能追加・更新をされているわいひらさんには本当に感謝です。

ここでは、本ブログが施したCocoonカスタムについてまとめます。

グローバルメニューへのアイコン挿入

この記事を参考にしました。

Cocoonに使用する「Font Awesome」は旧バージョンの4.7.0を使用します。

Font Awesomeでググるとバージョン5以降が出てくるので、アイコン探しはこのリンクから飛んでください。

「バージョン5が出てるよ!」って言ってくるポップアップが出てきますが、「✕」押して閉じちゃいましょう。

モバイルメニューを横並びにしてスクロールにする

タイトルにGoogleフォントを使用

ちなみに本ブログの場合はこんな感じです。

/*ブログタイトルのフォント*/
.site-name-text{
font-family: ‘Monoton’, cursive;
color:#ffffff;
}

まだ気に入っていないので、今後ちょくちょく変えていきます

<2019年8月追記>

飽きたので変えました

グローバルメニューにホバーするとアニメーションのような感じで下線が浮き出てくるやつ

完全にコピペしただけです。

ページ読み込み速度を上げる方策

私自身、google検索でページを開く際に、ページ読み込みが遅かったらすぐに戻るボタンを押して別のサイトに行きます。

私のブログではそうして欲しくない

なので、ページ読み込み速度をなるべく上げるよう善処します。

これはGoogle神も最優先事項として同意されており、チェックサイトとして「PageSpeed Insights」 を用意してくださっています。

ありがたやー

このチェッカーを使って本ブログを診断したところ…驚きの結果が。

上記はモバイルのスコアですが、45は「ダメだよダメ、全然ダメ」って言われてるレベルです。

ショック過ぎたんですが、さすがGoogle神、改善事項まで分析してくれます。

ということで、この分析結果を参考にスコアが80くらいは出るようにしてみます。

Cocoonおすすめのサイト高速化設定

とその前に、Cocoonはすばらしく抜け目のないWPテーマなので、きっと高速化設定も簡単にできちゃうんだろうなと思って調べてみました。

すると、やはりありましたね。さすがわいひらさんです。

まずはこれを全部やってみます。

プラグイン「EWWW Image Optimizer」で画像圧縮

Cocoonの公式サイトがいに一番に言ってることも、Googleさんが一番の改善事項と言っていることも同じで、画像もっと圧縮せいでした。

調べてみると、「EWWW Image Optimizer」というプラグインが良さそうです。

わいひらさんも薦めてるし

プラグインは極力入れない方針ですが、理由はページ読み込みを遅くしないためでして、このプラグインはサイト読み込み時に活動するものではないため影響ありません。

むしろ画像最適化してくれるので、ページ読み込み速度改善の援軍です。

使い方はこちらを参考にしました。

このプラグインを使えば、

  • 新規画像の圧縮
  • 既存の画像を一括で圧縮

の両方が簡単に可能です。

既出のExifデータも消してくれるので、入れない手はありませんね。

私の場合は、読み込みスピードがこのくらい改善しました。

えっ、1しか変わってないやーーん

おかしいな。いやけど、分析結果は変わっている。

画像問題はだいぶ改善したと言っていいでしょう!

うん、たぶん

とりあえず現時点ではこの辺にしておきます。

テラ
テラ

全然80行ってないし

今後ちょくちょく改善していきます。

備忘録まとめ

自分のための備忘録としてまとめましたが、読者のみなさんにとっても役立つ情報が一つでもあったならば幸いです。

ついでにいろいろ見ていってください。

[まとめ]家の中でも子供に運動させまくるためにリビング周辺をアスレチック化!マンションでも室内遊具まみれで遊びにあふれる生活を
綱登りロープをDIY設置して自宅で気軽にトレーニング!ボルダリングより簡単導入で子供にもオススメ
【賃貸OK】ボルダリングウォールをDIYで自宅マンションに導入!子供の遊具やトレーニング器具として秀逸でオススメ
ケーブルモールですっきり配線隠し!目立たたないよう壁に溶け込ませてDIYで取り付ける方法
マンションの壁や天井の中はどうなってる?DIYで穴をあける前に調査!

コメント

タイトルとURLをコピーしました